MENU

引越し後の快適さを考えながらパッケージ

 

昨年末に一人暮らしを始めてから三度目の引越しを経験しました。
三度目ともなるとコツをつかんでいるので、引越しの準備はかなりスムーズにいったと思います。

 

引越しで一番大変なのは荷物解きです。
新居に荷物が届いてやれやれと思っても、すぐに荷物を解かないと新しい生活に支障をきたします。

 

ですから、この荷物解きを考慮に入れて引越しの準備をしなければなりません。
種類別に入れるのは基本中の基本でなのですが、ちょっとしたスペースがあると種類に関係なく入れてしまうことが多々あります。

 

この、ちょっとしたスペースに入れてしまったものが、後から見つけにくいということがあります。
ですから、私の場合、引越した後2〜3日間は必ず使うもの専用のパックを一つ作ります。

 

ここには洗面道具、お風呂セット、下着、洋服、ヤカン、マグカップなどです。
とりあえず、その箱さえ開ければ、何に問題もなく仕事には行けるので、荷物を全部解く必要がなくなります。

 

それと、引越しは要らないものを処分する大きなチャンスです。
何もかも箱に詰め込むのではなく、既に着なくなった洋服や、使ってもいない小物や食器などは思い切って捨ててしまった方がいいと思います。

 

引越し準備となると、荷物を箱に入れることばかり考えがちですが、箱の数をなるべく少なくするということも大事です。
私は三度目にして、今まででダンボール箱の数がすくなかったです。
このお陰で新居は広々と暮らすことができています。