MENU

引越しの運送業者といっても様々です

 

運送業者といっても規模は様々です。
全国規模の業者もあれば地域密着の弱小業者もあります。
引っ越し専門業者もあれば兼業業者もあります。

 

貨物運送事業法に基づいて国土交通省によっても一般貨物自動車運送事業と貨物軽自動車運送事業と貨物利用運送事業の三種類に分類されます。

 

一般貨物自動車運送事業は最低5台以上の車両を有した法人で営業所を設ける管轄地方運輸局に新規許可申請をし書類審査の上試験を受けなければなりません。

 

それに合格すると許可され運行管理者と整備管理者を選定し所有車両の登録後業務を開始できます。

 

その際の車両ナンバーはタクシーやその他運送を業とする普通自動車以上は通常営業ナンバーといって緑地に白字のナンバーとなります。

 

貨物軽自動車運送事業は軽自動車を利用しての運送業者で殆どが個人経営です。
軽自動車の営業ナンバーは黒地に黄色文字です。

 

貨物利用運送事業とは事業者が独自の運送車両を所有せず先に説明した一般貨物自動車運送事業者や貨物軽自動車運送事業者の間で荷主を仲介する事を業とすることです。

 

街中で引っ越し予約センターとして看板を出しているのが例です。

 

引っ越し繁忙期などで個々に業者を探し難い時などに利用価値がありますが運送業者とのトラブルが生じた場合事後交渉に時間が掛かる場合もありますが運送規模に応じた適切な業者を手配してくれますから便利な面もあります。

 

それぞれに見積もりを取って自分に合った業者を選びましょう。